レザーバッグ

D.A.61 leather works

  • 再生回数:60

作品は古来からの鞣し(なめし)の技法である、植物タンニン鞣しの革を使用しております。一般に流通しているクロム鞣しの革と違い、長い時間かけて鞣されたそれは、しなやかでもちもちとした触感、銀面と呼ばれる皮膜がとても丈夫で、擦れ傷なども入りづらいのが特徴です。
ほぼ手縫いで制作しているため、制作できる数が限られてしまいますが、その分細部のひと針まで気を配り、丁寧に作品を仕上げております。